改革改善の取組

Improvement Reform

  • 教育・学生支援
  • 実践教育

2021.7.30

実践的な職業教育の充実
-スポーツマネジメント-

 

科目名 : 経営特殊講義A(スポーツマネジメント)
テーマ : 球団が推進する、新球場を起点にしたまちづくりの形
実施日 : 2021年6月29日(火)
担当教員 : 松橋 崇史 商学部准教授
講師 : 小川 太郎 氏 〔株式会社 北海道日本ハムファイターズ〕
活動内容 : 北海道日本ハムファイターズは札幌市の南に位置する北広島市に本拠地となる新球場を建設しています。球場周辺のエリア開発も進めており、球場を中心としたまちづくりプロジェクトが進んでいます。その新球場プロジェクトについて、その背景から今後の進め方、具体的にどのような球場にするのかについて、具体的な説明をいただきました。
新球場の建設は2018年に始まり、現在急ピッチで開発が進められています。具体的に、どのような球場にするのか、球場内外にどのような付帯施設を整備していくのか、そして、球場の外に広がるエリアをどのように開発し、地域の活性化に結び付けていくのか、ということについて、パース図等を踏まえながらお話があり、そのことが球団経営に与える影響についての説明がありました。
後半は、海外の球場建設の潮流ならびに、主要なプロスポーツリーグにおけるクラブ経営と球場経営に関する説明があり、ファイターズの取り組みの立ち位置をグローバルな視点から俯瞰的に説明いただき、学生達は、それまでの授業の内容と関連させながら、プロスポーツビジネスに関する理解を深めることができました。

この記事をシェアする