改革改善の取組

Improvement Reform

  • 教育・学生支援
  • 実践教育

2021.11.29

実践的な職業教育の充実
-国際学部クラスゼミナール-

 

科目名 国際学部クラスゼミナール
テーマ :
社会貢献活動を職業にする
実施日 :
2021年10月29日(金)
担当教員 :
新田目 夏実 国際学部教授
講師 :
内山 順子 氏〔NPO法人 DAREDEMO HERO代表〕
活動内容 :

クラスゼミは大学の学習に必要なアカデミックスキルを身につける時間(一年生必修)であるが、10月29日の授業では、国際学部の理念である社会貢献・ボランティア活動の大切さと、キャリアとしてのNGO活動、社会貢献活動の実際を学ぶことを目的として授業を行いました。
NPO法人DAREDEMO HERO代表内山順子氏にご講演いただきました。内山氏の講演内容は以下の通りです。

1.大学卒業以来の自己紹介―社会福祉から国際協力への道
2.フィリピンの貧困問題の特徴としての貧富の格差
3.Daredemo Heroの目的―教育支援活動を通じて、貧困児童自身の中に貧困問題を解決するリーダーづくりを目指すこと
4.フィリピン人スタッフとコミュニケーションをとるときに必要な忍耐と柔軟性の大切さ

フィリピンの貧困児童支援の現場からの臨場感あふれ、熱気がそのまま伝わるような講義でした。特に、誰かの役に立たちたいという意識の大切さや、行動に移すこと、チャレンジすることの重要性が伝わったように思います。さらに、外国で活動をする上でいかに語学が重要であるについてもご指摘いただきました。コロナ禍であっても、現地で活発な活動を続けている姿を直接伝えることができたこと、またキャリアとしての国際協力の実態を現場から伝えることができた点で、一年生にとって大変インパクトの高い授業となりました。

Zoom画面①
Zoom画面③

Zoom画面②
教室の様子

この記事をシェアする