改革改善の取組

Improvement Reform

  • 教職員・人事(研修)
  • FD・SD

2022.4.5

令和3年度 拓殖大学教養教育
FDワークショップを開催しました

 

令和2年度の教養教育FDワークショップではTeamsを使ったリアルタイム遠隔授業とネットワークの使用上の注意について職員と教員からお話しいただき質疑応答を受けました。令和4年度から教養教育科目のほとんどの授業をオンデマンド授業にて行うことをお願いしています。そこで令和3年度の教養教育FDワークショップでは、Blackboardの使用上の注意とオンデマンド授業について、Blackboardの運営を担当しているe-Education ヘルプデスクの水上忍様と、前期に対面授業から急遽オンデマンド授業に切り替えることを実際に体験した工学部教授の小林伊智郎先生にお話しを伺い質疑応答を受けました。
水上様の発表は、これまでe-Education ヘルプデスクに寄せられた主に学生からの質問とその解決策についてでした。令和2年度からサーバーが学内からクラウドへ移行したこと、それにともなう注意事項など、普段あまり利用者が気にかけていないことなどをお伺いすることができました。また学生からの問い合わせ事項とその解決策については、教員がふだん目にしていないことなので、学生のBlackboard利用の実情がよく反映されているものでした。また学生からの質問についての教員の対応や教員からの利用上の質問などについて、チャットも含めて、活発に質疑応答が行われました。
小林先生は「オンデマンド授業の実際」と題して、ご自身が前期に行ったハイブリッド型オンデマンド授業について発表されました。そこでは課題設定の工夫や学生をコミットさせる仕掛け、学生の反応など、来年度オンデマンド授業を初めて行う講師の方々への具体的なアドバイスがなされ、それについての質疑応答が行われました。
今回の教養教育FDワークショップのテーマがオンデマンド授業ということで、興味をもつ方が多いと予想されたため、教養教育担当者だけでなく、全学の教職員に開催のアナウンスが行われました。そのため、参加が130名と盛況でみのりの多いFDワークショップとなったと思います。

 教養教育FD小委員長 鈴木康夫
               

開催日時 : 令和3年11月19日(金)11:00~12:45(105分)
開催方法 : Zoomによる遠隔会議
テーマ : Blackboardを利用したオンデマンド授業について
目的 : 来年度の教養教育科目におけるオンデマンド授業を準備する教員の支援
タイムスケジュール :
 1.開会の挨拶及び講師の紹介
 2.Blackboard利用に寄せられるご質問とその解決策 (e-Education ヘルプデスク 水上 忍様) 
 3.オンデマンド授業の実際 (工学部 小林伊智郎先生)
 4.質疑応答及びまとめ 
案内対象者 : 本学所属全教員 (専任・非常勤)
参加者 : 約130名

この記事をシェアする