PROJECT NEWS プロジェクトニュース

2021.11.8

文京キャンパスにて
防災設備見学会を実施しました!

 

10月18日(月)に文京キャンパスにおいて、管財課、総務課の協力のもと、学生とともに学内の防災に関連する設備の見学会を行いました。学生は公募し、八王子国際キャンパスから参加した学生もいました。

見学場所はE館屋上の自家発電機を始めとして、E館地下の受水槽や消火用設備、C館裏・B館地下の倉庫などを巡りました。自家発電機は災害時に電力供給が停止した際に自動的に稼働し、最低でも3日間は電力を供給可能ということを知りました。受水槽にはすぐに水を取り出すことのできる蛇口が付いていることや、倉庫には4000人に3日間提供することのできる量の水や非常食が貯蔵されていることなど、他にも多くの設備についての説明を受け、拓殖大学の非常時の備えについて知ることができました。

学生からは「災害時に何をすれば良いのかなど、具体的な話しを聞けて良かった!」「災害が発生した時に活かせる様にしたい!」などの声が聞かれ、見学会を通じて防災意識の高まりを感じることができました。

今後は学外の防災施設訪問を予定しています。詳細は改めてお知らせしますので、興味があればぜひご参加ください!

★お問い合わせはコチラ

この記事をシェアする