改革改善の取組

Improvement Reform

  • 教育・学生支援
  • 実践教育

2022.11.28

実践的な職業教育の充実
ー流通産業論ー

 

科 目 名:流通産業論
テ ー マ:家電量販店業界の現状とノジマの経営戦略
実 施 日:2022年11月15日
担当教員:中嶋嘉孝
活動内容:
11月15日(火)2時限「流通産業論」の授業に、株式会社ノジマ(本社:横浜市・東証プライム上場)の総務部総務グループ広報担当・府川 厚子様、人財採用部グループ・安藤 碧様、 マルイファミリー志木店情報部門リーダー・八代 優二様(本学商学部、2018年卒業)をお招きし、講師としてご登壇いただきました。
株式会社ノジマは、家電量販店を首都圏、カンボジアやシンガポールなどの海外でも展開し、またプロバイダー事業や、CSテレビ事業、女子サッカーチームなどにプロスポーツ事業などグループを拡大し、成長しています。
まず安藤様からノジマ独自のお客様のニーズに沿い、メーカーの派遣店員に依存しないコンサルティングセールスの仕組みが説明されました。また学生の将来を見据え、各部門の仕事が紹介され、「出る杭は伸ばす」として、早い段階から仕事が任される人事制度について解説いただきました。 つぎに八代様から大学時代の探検部においてスリランカを探検したことを紹介され、今しかできないことがあり、いろいろなことにチャレンジする重要性を説いていただきました。ノジマでは、おもにパソコンなどの情報部門を歩み現在ではリーダーを務め、休みが少ないといわれがちな小売業においても、自分自身で休日を設定でき、社員旅行なども充実していることが紹介された。年齢も近く身近な先輩のお話に、学生も真剣に耳を傾けていました。

この記事をシェアする