改革改善の取組

Improvement Reform

  • 教育・学生支援
  • 実践教育

2022.5.25

実践的な職業教育の充実
-3年ゼミナール、2年ゼミナール-

 

科 目 名:3年ゼミナール、4年ゼミナール
テ ー マ:サラヤ株式会社の事業と社会的課題解決プロジェクト
実 施 日:2022年4月25日(月)
担当教員:商学部教授 潜道 文子
講  師:山本麻里子氏(サラヤ株式会社環境事業推進部係長)
活動内容:
潜道ゼミナールでは、CSRやSDGsを基盤としたビジネス活動について学んでいますが、その事例のひとつといえます、家庭用及び業務用洗浄剤・消毒剤・うがい薬等の衛生用品と薬液供給機器等の開発・製造・販売を行っているサラヤ株式会社(以下、サラヤ)の環境事業推進部 山本麻里子氏に、現場での実践についてご講演いただきました。
本ゲストスピーカーによる講演は、学生たちが書籍などを通じて学んだ知識を更に深めることを目的としています。
サラヤは、今回のパンデミックにおいても大きな役割を果たしている消毒剤等の製造・販売の他に、ボルネオ環境保全プロジェクトやウガンダでの100万人の手洗いプロジェクトなど、社会的課題解決型ビジネスとして有名な企業です。
そのサラヤにおいて、主に環境保全に関わるプロジェクトに携わっていらっしゃる山本氏に、社会問題と共に発展してきたサラヤの歴史、企業活動を支える組織形態、そしてサステナビリティに関わる活動についてお話しいただきました。また、サステナビリティに関連する活動の中でも特に近年、力を入れている、事業太陽光や風力等のリニューアルブルエネルギー100%で走る、ゼロエミッションを目指す船、「ポリマ号」の社会的意義についてご説明いただきました。2025年の大阪・関西万博では、サラヤは、支援するNPO法人ZERIジャパン(万博の共創チャレンジャー)を通じて、このポリマ号に関わる活動を中心としたブルーオーシャンパビリオンを出展するということです。
さらに、グループワークとして、サラヤの経営資源や商品を活用した新たな商品企画やマーケティング活動についての提案を行い、山本氏より、各グループのプレゼンテーションに対する講評をいただきました。学生たちからは、大変貴重な体験ができたという感想が寄せられました。

サラヤ株式会社 山本氏による講演①
サラヤ株式会社 山本氏による講演②
サラヤ株式会社 山本氏による講演③

この記事をシェアする